アーカイブ

「050_音楽科」の記事

音楽科定期演奏会

本日9/22土14:00開演で、栗東芸術文化会館さきら大ホールにて、第49回音楽科定期演奏会を開催します。ぜひご参加よろしくお願いいたします。

https://www.sakira-ritto.net/

固定ページ「ご招待」情報にポスター※を掲載していますのでご覧ください。

※生徒名は個人情報保護の観点から削除しています。

防災カフェ出演

8/22(水)18:00から、滋賀県危機管理センターで開催された「防災カフェ」に音楽科2年生が出演しました。

♪ヴァイオリン独奏

・イザイ作曲  無伴奏ヴァイオリンソナタ第3番“バラード”

・エルガー作曲 愛のあいさつ

♪女声合唱

・福島県南相馬市立小高中学校平成24年度卒業生作詞 『群青』
小田 美樹作曲 / 信長 貴富編曲

ジュニア音楽祭について

音楽科湖声ホールが補修工事となるため、本年度に関しては恒例の「ジュニア音楽祭」を開催することができません。来年度は開催予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

サクソフォン公開レッスン

音楽科公開レッスン「第1回サクソフォン公開レッスン」を開催しました。

会場:石山高等学校音楽科湖声ホール
講師:田中 靖人 先生(東京佼成ウインドオーケストラ)

♪公開レッスン

受講者:音楽科3年生
曲 目:協奏曲 (グラズノフ)

受講者:音楽科3年生
曲 目:ソナチネ (パスカル)

♪ミニコンサート

チャルダッシュ (V.モンティ)
組曲「アルルの女」より間奏曲 (G.ビゼー)
スカラムーシュ (D.ミヨー)
You raise me up

プロフィール

田中 靖人(サクソフォン) 先生

1964年5月13日和歌山県和歌山市に生まれる。国立音楽大学在学中、第4回の日本管打楽器コンクール・サクソフォン部門で第1位を獲得し、鮮やかにデビュー。
その音楽性は「内的な詩を持つ大器」と絶賛され、サクソフォンの父ともいえる名演奏家マルセル・ミュールをも唸らせた。
国立音楽大学を矢田部賞を受賞して卒業後は、高度なテクニックと個性的かつヒューマンな音楽性をソリストとして遺憾なく発揮。数々のリサイタルを聴衆の圧倒的な支持を得て成功させ、1991年には「管打楽器ソロ名曲集・サクソフォーン」でCDデビュー。
1995年「ラプソディー」、1997年「サクソフォビア」をEMIミュージック・ジャパンより、03年「ガーシュインカクテル」を佼成出版社よりリリース。同年、和歌山県より「きのくに芸術新人賞」を受賞。2012年「モリコーネ・パラダイス」をEMIミュージック・ジャパンよりリリース。
一方、室内楽のジャンルではサクソフォン四重奏団[トルヴェール・クヮルテット]で活躍。92年の東京国際音楽コンクールで第2位を獲得した同団体は、サントリー大ホールで のリサイタルを成功させ、また、2001年には文化庁芸術祭レコード部門大賞受賞。クラシックの狭い思考にとらわれないCDを制作するなど、幅広い活動で大きな注目を集めている。サクソフォンを大室勇一氏に師事。現在、愛知県立芸術大学講師、昭和音楽大学および同短期大学講師として後進の指導にもあたっている。
東京佼成ウインドオーケストラコンサートマスター。

塩見 亮(ピアノ) 先生

京都市立堀川高等学校音楽科(現京都市立京都堀川音楽高等学校)、東京藝術大学音楽学部を経てマンハイム音楽大学大学院研究課程歌曲研究及び室内楽科、芸術家育成課程、演奏家育成課程を最優秀で卒業、ドイツ国家演奏家資格取得。第47回全日本学生音楽コンクール大阪大会高校の部1位。第21回京都芸術祭優秀協演賞。平成19年度平和堂財団芸術奨励賞。第24回京都芸術祭京都府知事賞。平成24年度大津市文化奨励賞。これまでリサイタルのほか、ソウル室内合奏団、バーデン=バーデン管弦楽団など、国内外のオーケストラと共演を重ねる。また、四方恭子(Vl.)、上村昇(Vc.)など著名アーティストとの共演も数多く、Nicoline Pierreru(Fl.)のパートナーとしてNHK-FM「名曲リサイタル」、BSハイビジョン「クラシック倶楽部」に出演、また2007年に結成したTrio Rintonareのコンサートに対して青山財団よりバロックザール賞を受賞するなど、室内楽奏者としても高い評価を得ている。
これまでピアノを市川直子、故丸山博子、矢部民、松尾奈々、Paul Dan、松田康子の各氏に、室内楽をPaul Dan、Susanne Rabenschlagの各氏に師事。
現在、京都市立芸術大学音楽学部、相愛大学音楽学部、京都堀川音楽高等学校で後進の指導にあたっている。

高校野球開会式

明日、高校野球滋賀県大会の開会式で、音楽科3年生声楽科の生徒が国歌独唱します♬
びわ湖放送で放映されますので、都合がつけばみてくださーい🎶

音楽科講師紹介更新

固定ページ「音楽科講師紹介」に村瀬先生、山本先生の紹介を掲載しました。

音楽科体験入学のご案内

7月7日(土)8:30~12:30、石山高校音楽科湖声ホールにて「音楽科体験入学」を開催します。
県内の中学校様へは案内文書を郵送しましたが、同じ文書を固定ページ「入学」にも掲載しました。
積極的なご参加をお待ちしております。

音楽科3年生によるスプリングコンサート

恒例の音楽科3年生によるスプリングコンサートを開催しました。






プログラム

OP 全員合唱
(1) ピアノ重奏
(2) 四重奏
(3) フルート三重奏
(4) マリンバ二重奏
(5) サックス四重奏
(6) ピアノ重奏
(7) 二重奏(Fl、Mar)
(8) ピアノ重奏
(9) 四重奏(Pf、Fl、Ve)
(10) 全員合唱

音楽科講師紹介更新

固定ページ「音楽科講師紹介」情報を更新しました。

竹林先生のプロフィールを更新。
昨年度までの非常勤講師先生を削除。児玉先生、稗方先生、中野先生、3名分
本年度からの非常勤講師先生を追加。杉中先生、江口先生、村瀬先生、山本先生、4名分

本年度の音楽科非常勤講師の先生は47名となります。

講座講座~ヴァイオリン・ハープの響き~開催

音楽科公開レッスンとして「鑑賞講座~ヴァイオリン・ハープの響き~」を開催しました。

■日時:3月22日(木)11:50~12:40
■会場:音楽科湖声ホール
■講師:足木 かよ 先生(ヴァイオリン)本校音楽科卒業生、大西 伶奈 先生(ハープ) 本校音楽科卒業生

足木かよ先生のプロフィール
滋賀県立石山高校音楽科、愛知県立芸術大学を経て、同大学音楽研究科博士前期課程修了。高校では定期演奏会に、大学では卒業演奏会に出演。2004~2006年、かずさ弦楽セミナー、2005年岐阜リストマスタークラス、2007年アジアフィルハーモニックオーケストラアカデミー、2009年バイロット国際青年芸術祭を受講。第12回滋賀県新人演奏会にて管弦打部門優秀賞を受賞。これまでに福田みどり、岡田英治、白石禮子の各氏に師事。現在、リュイールシャトンクァルテット、エコーメモリアル・チェンバーオーケストラなどで演奏活動をする傍ら、後進の指導にもあたっている。

大西伶奈先生のプロフィール
滋賀県出身。3歳よりピアノを、7歳よりアイリッシュハープを、15歳よりグランドハープを始める。2005年~2008年京都ジュニアオーケストラ在籍。2009年ジョイントリサイタル開催。平成21年度平和堂財団芸術賞受賞。第21回京都フランスアカデミー修了、受講生コンサート出演。また森悠子氏推薦により、第15回リレー音楽祭に出演。京都、国際音楽学生フェスティバル2011に参加。第11・13回大阪国際音楽コンクールハープ部門第3位・第64回福井県音楽コンクール教育委員会賞。東京音楽大学卒業演奏会出演。2014年平和堂財団海外留学奨学生。2014年サイトウ・キネン・フェスティバル松本 小澤征爾塾参加。これまでに、故雨田幸子、故雨田光示、今藤順子、篠崎史子、イザベル・ベラン、オーケストラを故島崎説子、柏原靖子各氏に師事。また、スーザン・マクドナルド、グザヴィエ・ドゥ・メストレ各氏の指導を受ける。滋賀県立石山高等学校音楽科卒業、東京音楽大学卒業、東京音楽大学大学院科目等履修を積み、高等演奏家ディプロム取得・フィガロホールハープアンサンブル講師。

第3回ピアノ公開レッスン

音楽科公開レッスン「第3回ピアノ公開レッスン」を開講しました。

 

■日時:3月19日(月)10:50~12:40
■会場:音楽科湖声ホール
■講師:中野 慶理 先生

【プロフィール】
東京芸術大学附属高校を経て、ポーランド国立ワルシャワ音楽院本科を首席で卒業後、ジュリアード音楽院大学院修了。
East and West コンクールに優勝し、カーネギーリサイタルホールでのリサイタルの資格を得、成功をおさめる。数多くのリサイタルの他、新日本フィル、大阪フィル等オーケストラとの共演も多い。NHK-FM「FMリサイタル」等に数度出演。
五嶋みどり氏の「みどり教育財団コンサート」で五嶋氏と共に日本全国縦断コンサート(デュオ)に出演。文化庁芸術祭新人賞、大阪舞台芸術奨励賞、大阪文化祭賞本賞、音楽クリティック・クラブ賞、兵庫県新進芸術家奨励賞、神戸っ子ブルーメール賞、神戸灘ライオンズクラブ音楽賞、三田市文化賞他受賞多数。現在、同志社女子大学学芸学部音楽学科教授。

♪公開レッスン

受講者:音楽科1年生
曲 目:スケルツォ第1番 ロ短調 Op.20 (ショパン)

受講者:音楽科2年生
曲 目:バラード第3番 変イ長調 Op.47 (ショパン)

♪ミニコンサート

ピアノ・ソナタ第5番 Op.53 (スクリャービン)

二次選抜要項を掲載します。

石山高校音楽科の二次選抜要綱(PDF)を掲載します。

二次選抜要項を3/14の8:30に掲載

3/14の朝8:30にこのWebにて二次選抜要項を掲載します。

公開講演~こころのトレーニング~

音楽科公開レッスンとして「公開講演~こころのトレーニング~」を開催しました。

■日時:3月12日(月)13:25~15:15
■会場:音楽科湖声ホール
■講師:大場ゆかり先生(武蔵野音楽大学専任講師)

大場先生のプロフィール
九州大学大学院人間環境学研究科博士課程修了。博士(人間環境学)。武蔵野音楽大学専任講師。スポーツ選手・音楽家等を対象とした心理的スキルトレーニングやストレスマネジメント、キャリア教育の実践・研究を行ってる。武蔵野音楽大学では「メンタルトレーニング入門」等の講義を担当。学生や教員、ピアノ教師などに向けたセミナー実績多数。受講生からは「思い込みから解放されて、演奏の幅が広がった」「自信が持てて救われた」「音楽だけでなく、生きる上での勉強になった」といった声が続々と届いている。

音友会広報委員会「音友」第70号配布

音楽科音友会広報委員会発行の「音友」第70号を配布しました。

音楽科講師紹介第11回としてピアノ・合唱担当の林美紀先生の紹介記事、卒業記念特集、各種コンクール等入賞結果、3年生合格状況などが掲載されています。

音楽科Web写真更新

固定ページ「音楽科」関連の実習写真を、最新版に更新しました。

音楽科公開レッスン「邦楽講座」

音楽科公開レッスン「邦楽講座~和楽器を楽しもう~」を開講しました。


■日時 2月26日(月)3限(10時50分~11時40分)
■プログラム
1.「花筏はないかだ
第1箏/第2箏  和楽器授業受講生徒
2.「たまうてな
柳川三味線・歌/林 美音子・後藤 愉香  箏・歌/橘高 幸
3.「枯野砧かれのきぬた
地歌(九州)三味線・歌/林 美音子
4.「石筍せきじゅん
第1箏/林 美音子  第2箏/後藤 愉香  十七絃/橘高 幸
■出演者プロフィール
〇林 美音子(はやし みねこ) 先生
1981年京都生まれ。音楽家の両親のもとで育ち、幼少期より、母であり地歌演奏家の林美恵子師に地歌の基礎と古典曲を学ぶ。邦楽の既存概念やジャンルの壁を乗り越え日本音楽に多大な影響を残した演奏家・沢井忠夫師から現代邦楽を学び、京都にのみ伝わる三味線の祖型・柳川三味線の保存と伝承に尽力した先駆者・津田道子師にその手ほどきを受ける。
10代の頃より国内外にて公演の経験を積み、2011年「くまもと全国邦楽コンクール」優秀賞受賞に続き、日本伝統文化振興財団による邦楽技能者オーディションに合格。CD『柳川三味線 林美音子』(販売元:victor)をリリース後、文化庁芸術祭参加公演となる初のリサイタルを開催し、演奏家として本格的に活動を開始する。
大蔵流狂言を茂山千五郎師(五世・千作師)に、俚奏楽家元・本條秀太郎師に師事、東京公演を含める自主リサイタルにおいて、初演委嘱作品や現代舞踊との共演、狂言の演目をモチーフとした現代作品を披露する等、地歌、なかでも柳川三味線の次世代へ繋ぐ新たな可能性を探求しながら活動の幅を広げている。
また、2010年頃より教育現場においても積極的に携わり、現在、京都教育大学附属桃山小学校和楽器講師、奈良教育大学非常勤講師、京都女子大学非常勤講師、滋賀県立石山高等学校非常勤講師、京都教育大学による文科省認定「我が国の伝統・文化教育の充実に係る調査研究」推進委員として教材用DVD製作等、邦楽を未来に繋ぐ架け橋として積極的に活動する。
2012年、公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団による「第32回伝統文化ポーラ賞奨励賞」受賞。2016年には、京都市より「平成28年度京都市芸術文化特別奨励者」の認定を受け、奈良日伊協会ら主催によるイタリア公演ツアーや、日・中・韓による『東アジア文化都市』日本代表芸能団として韓国式典演奏等、多様な演奏活動を展開している。
NHK総合『にっぽんの芸能』出演や、ラジオ・新聞・雑誌等各種メディアにも多数出演。平成30年4月9日、NHKラジオ『邦楽のひととき』出演予定。
公式HP:http://mineko-h.com Instagram:mineko_hayashi

〇後藤 愉香(ごとう ゆか) 先生
生田流箏曲・地歌を林美恵子に師事。京都當道会所属/師範。
琴泉会主催。京都府宮津市にて、主催演奏会を隔年開催。箏・柳川三味線の普及に努め、積極的な活動を展開している。ポーランド日本文化センター主催・在ポーランド日本大使館後援「第15回日本文化フェスティバル」出演など、国内外においても幅広い演奏活動を行う。一般社団法人京都當道会所属。

〇橘高 幸(きったか さち) 先生
地歌箏曲・柳川三味線を林美恵子に師事。京都當道会所属/師範。
アメリカ合衆国ハワイ州にて、ハワイ大学音楽学部後援による柳川三味線コンサート『京の夕べ』出演。
大津市立下阪本小学校/幼稚園にて、特別授業や和楽器コンサートを行う。また、下阪本学区文化祭や滋賀県内にて、コンサートやワークショップを行うなど、箏・柳川三味線の普及に努め、積極的な活動を展開している。

~~ 開催公演 ~~
平成30年5月27日 林美音子主催・東大寺後援
『東大寺本坊 音楽の調べ~最古の三味線・柳川三味線~』
(ムジークフェスタなら2018参加公演)

第2回声楽公開レッスン

音楽科湖声ホールにて、音楽科公開レッスンを開催しました。

♬公開レッスン

受講生 音楽科2年生
曲 目 Quando ti rivedro(ドナウディ)

受講生 音楽科3年生
曲 目 Il feevido desiderio(ベッリーニ)、ぶってよマゼット(モーツァルト)

♬ミニコンサート

『春夫の詩に據る四つの無伴奏の歌』より うぐひす(佐藤春夫作詞・早坂文雄作曲)
夜鳴きうぐいす(A.アリャビエフ作曲)
オペラ『椿姫』より不思議だわ!~ああ、そは彼の人か~花から花へ(ヴェルディ作曲)

坂口 裕子 先生 ( ピアノ 三屋 彩香 先生 <本校音楽科講師> )

坂口裕子先生のプロフィール

愛知県立芸術大学音楽科声楽専攻卒業、卒業時に桑原賞受賞。
京都市立芸術大学大学院音楽研究科声楽専攻終了、修了時に大学院賞受賞。
文化庁新進芸術家海外留学制度在外研究員としてミラノに留学し、イタリア・ミラノ・G.ヴェルディ国立音楽院を、満点・優秀賞でディプロマを取得。
イタリア・リッソーネ市音楽コンクール優勝等。
2010年から現在、伊・ベルガモ市で『ランメルモールのルチア』『椿姫』『リゴレット』『愛の妙薬』等の主役を演じている。
また兵庫県川西市みつなかオペラ『清教徒』エルヴィーラ役等を好演。
2014年NHK-FMリサイタル・ノヴァに出演。
2016年藤原歌劇団他共同制作公演『ドン・パスクワーレ』ノリーナ役を好演。
2017年12月には藤原歌劇団公演『ルチア』タイトルロールを演じ、2018年3月には、兵庫県立芸術文化センターにて『夕鶴』つう役が決まっている。
JSOより支援を受け活動。
平成26年度坂井時忠音楽賞受賞。
藤原歌劇団団員。

音楽科オペラ鑑賞会

本日、音楽科生徒は、2限終了後、ロームシアター京都へオペラ鑑賞に出かけます。
終演は15:45予定です。

音楽科入試の実技検査について

滋賀県教育委員会Webサイトに音楽科の実技検査について概要が掲載されています。
ご確認ください。

http://www.pref.shiga.lg.jp/edu/nyushi/index.html