アーカイブ

「700_ようこそ先輩!」の記事

田村先輩からのメッセージ

読売テレビ・日本テレビ系全国ネットでも放送された漫画「べるぜバブ」の作者田村隆平さんは、石山高校の卒業生。この作品に登場する学園も全国最凶ヤンキー率120%の「石矢魔高校」!!という“おちゃめな”設定で、とても“おもしろい”人気作品です。


↑読売TVのWeb http://www.ytv.co.jp/beelze/index.htmlより
このページにストーリー等紹介されています。

その田村先輩から石山高校の皆さんへ、色紙とメッセージをいただきました。
本日の終業式で副校長が全校生徒に披露。
色紙は以下に掲載しますが、実物は事務室前の展示棚で公開しています。

田村先輩ありがとうございました。

田村隆平さんからのメッセージ

僕が石山高校に通っていたのはもう15年以上前になりますが、当時から自由な校風は石山高校の最大の魅力でした。
今ではあり得ないのでしょうが、入学したての頃見た全校集会。校長先生がマイクを持って校歌を歌うという光景にまず度胆をぬかれました。とんでもない所に来たなという思いと(笑)それ以上にこれから始まるここでの充実した3年間を予感させるわくわくしたものでした。
ですが当然自由な校風というのは何をしてもいいというわけではありません。礼節を欠いたり、勉学を疎かにしていいということでもありません。
自由とは自分の舵を自分でとること。言い換えれば責任をもった行動をとるという事だと思います。当然間違えば自分に返ってきます。痛い思いもします。そして次は失敗しないようにと頑張ります。
そうやって失敗を繰り返し人は成長するといいますが、石山高校もまさにそうやって自主性を育ててくれる懐の深い高校だと思います。
皆さんもどうか失敗を恐れず興味を持った全てのことに挑戦してみてください。それが僕の思う石山魂です。

田村隆平

2年生普通科統一LHR、音楽科実習生演奏会

2年生普通科は体育館にて普通科統一LHRを持ちました。

■2年HR担当教育実習生と学年主任による座談会
島根大、大阪体育大学、法政大学、神戸大から

■活躍する先輩
2009年石山高校卒→大阪大学卒、トヨタ自動車本社勤務

活躍する先輩からあついエールをおくっていただきました!
・些細なきっかけを活かし、まず1年の終わりには330位から70位にジャンプアップした。
・「塾行かない」、「滑り止め受けない」の2つの覚悟で自分を追い込み頑張った。
・先生に質問する→石山高校にいることを有効に活用。3年の夏期講習も
・大阪大は1学年3000人のマンモス校。いろんな人に会える!
・1年間ベトナム留学→学生時代に頑張ったことは就職活動で大きなパワーになる。

■音楽科教育実習生による演奏会♬
7限、2年生音楽科は湖声ホールにて、教育実習生による演奏会を開催。
同志社女子大(打楽器専攻)からの実習生
1.A MINUTE OF NEWS/Eujene Novotney
2.無伴奏ヴァイオリンのための12のファンタジア第7番変ホ長調より Dolce,Alegro,Lent,Presto/Georg Philipp Telemann
3.Eight PieceよりVII March/Elliott Carter
4.Prelude第1番ホ単調/Ney Rosauro
5.Conun drum/山口恭範

ようこそ先輩!石高へ

「ようこそ先輩!石高へ3」開催。

石山高校は創立50周年を迎え、今秋には記念行事を開催します。
それに先駈け、各界で活躍されている本校卒業生・先輩の方から、話をお聞きする機会、題して[石山高校文化教養講座「ようこそ先輩!石高へ]を開催しています。
この度、第3回目を下記の通り開催します。

  1. 日時 7月17日(水)3・4限
  2. 会場 体育館
  3. 講師 柴田政子氏 筑波大学人文社会系専任講師 昭和55年第15回卒
  4. 演題 「寄り道・回り道も悪くない:多様な生き方のある社会」

 

ようこそ先輩!2

3月11日(月)3・4限、第2回石山高校文化教養講座「ようこそ先輩!石高へ」を開催。
第2回講師として、京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授にお話ししいただきました。

「高校時代の出会いと住居学」

ようこそ先輩!山本孝先生

12月12日(水)6限、石山高校文化教養講座「ようこそ先輩!石高へ」を開催。
第一回講師として、滋賀医科大学循環器内科山本孝先生にお話しいただきました。

 

■医師として、医学部教員としてのお仕事をスライドでわかりやすく、生々しく(!!)解説していただきました。

  

■滋賀医大附属病院で活躍されておられる石高の先輩たちもご紹介いただきました。

■高校時代の具体的な経験を元に、後輩たちに向け、進路実現の“戦略!”を伝授いただきました。
心のこもった、力強いアドバイスは先輩から後輩へのすてきな贈り物となったはずです。

 

■また、♪なんでだろ〜♪で有名なテツさんや、声優の雪野五月さんは石山高校の同級生とのこと。先輩たちはそれぞれの世界で活躍されておられます。

山本先輩!、あたたかいエール、たいへんありがとうございました。

ようこそ先輩!石高へ

明日、12月12日(水)6限は、文化教養講座「ようこそ先輩!石高へ1」を開催します。
新シリーズ第1回は、滋賀医大循環器内科でご活躍されている“石高の先輩”から「石山高校から医学の世界へ」という演題でお話いただきます。

対象は1、2年生全員と3年生の希望者。