アーカイブ

「430_インド派遣」の記事

課題研究発表会

学力向上事業・課題研究発表会を実施しました。

目的:多様な学問分野について、専門的および発展的内容を学習し、研究発表をすることにより、知的探究心に富み、広い視野を有した生徒を育成することを目的として行う。

  • 日 時:2月18日(水)6・7限
  • 会 場:石山高校体育館
  • 参加者:1・2年生全員、本校教員、関係校教員等

(1)重点枠SSH研究発表(2年SSH参加者4名)「香辛料にみられる抗菌作用についてAntibacterial actions caused by spices」

P2180002_2015.02.18-18.27
all英語によるプレゼンテーション。もちろん質疑応答も英語!
この研究成果を携え、3月に英国ケンブリッジ大研修へ!

(2)石山高校生物海洋実習BMC研究発表(BMC参加者代表)「BMCに参加して」

P2180004_2015.02.18-18.29
和歌山県白浜の京都大学瀬戸臨海実験所での宿泊実習について発表!

(3)JENESYSインド派遣事業研究発表(参加者代表5名)「インドにおける日本の存在…教育、国際協力そしてクールジャパン」

P2180007_2015.02.18-18.29
JENESYS2.0アジア地域への青少年派遣プログラム参加の体験をもとにした発表!

(4)音楽・合唱(音楽科2年9組)

P2180008_2015.02.18-18.30
宮古島修学旅行の思い出を胸に「涙そうそう」「島唄」合唱!

P2180009_2015.02.18-18.30
全2年生(右側)で校歌の合唱練習をしました。その成果を全1年生(左側)に披露!

学力向上・石山高校の取り組み

固定ページに「■学力向上・石山高校の取り組み」ページを設置しました。

kotei

石高新聞第114号配布

新聞部の石高新聞第114号を配布しました。

インド派遣の特集記事をはじめ読み応えのある内容となっていますので、ぜひご覧下さい。

インド訪問校で頂いた記念の品

インド派遣団がインドの学校訪問で頂いた記念の品です。
事務室前の展示棚で実物展示しています。

■ST MARY’S SCHOOL

 

■TAGORE INTERNATIONAL SCHOOL

 

■MUNI INTERNATIONAL SCHOOL

 

幸せを呼ぶゾウとのこと。

2年インド派遣報告会

6限の2年学年集会(格技場)でインド派遣団報告会が開催されました。

 
 

活動報告の後に、「教育について」、「国際協力について」、「クールジャパンについて」のテーマで3つの考察発表もありました。

インド派遣団解団式

 

校長室でインド派遣団の帰国報告と解団式がおこなわれました。
2学期には、生徒に向けての活動報告会を実施する予定です。

インド派遣レポート10

編注:JAL740は高度を下げ着陸態勢、まもなく成田空港に着陸します。
編注:7:06着陸しました。お帰りなさい。


無事到着しました。みんな日本に着いて大はしゃぎでした。
これにて広報担当の私の仕事を終えさせていただきます。
石高ホームページを見て下さった皆さま及びこのような機会を頂いた皆さまに心より感謝いたします。ありがとうございました。(7/30 7:55)

第10日目の予定

成田空港第二ビル10:10ー京成線(普通)→京成線日暮里駅11:24
日暮里駅11:48ーJR山手線→東京駅12:00
東京駅12:20ーのぞみ343号→京都駅14:38

資料

京成電鉄のWeb(http://www.keisei.co.jp/)より引用

http://www.keisei.co.jp/keisei/tetudou/skyliner/jp/index.html

インド派遣レポート9


最終プレゼン会場の様子
ついにこの日がやってきました。


なんと日本大使館の在インド大使館のホームページに私たちの写真が掲載されました!
ぜひ見て下さい。私はさっきこの事にきづきました。


報告会終了後  皆さん本当にお疲れ様でした。


そしてランチ送迎会!またあったな。寿司よ!

 
今から空港に向かいます。
ありがとう。そしてさよならインド!


もうすぐ立ちます。天気は雨。大雨です。飛ぶのか?これ?

在インド日本国大使館公式Webページに掲載されています!


http://www.in.emb-japan.go.jp/index-j.html

※編注:さっそくこちら(日本)でも確認しました。
大使館公式ページに掲載いただいています。すばらしい。

第9日目の予定

9:00-10:45ワークショップ2 終了報告会準備 ※1
11:00-13:00ランチ歓送会 ※2
19:35離印
機中泊

目的

※1 ワークショップ1で話し合った内容の発表準備を行い、より実践的な計画作成に努める。
※2 在インド日本国大使館、インド政府関係者、交流学校関係者に、ワークショップのまとめを発表し、各自の今後の活動を鼓舞させる。

資料

デリーDEL発19:35(IST) —JAL740→ 成田NRT着7/30 07:25(JST)
飛行距離5,916km、飛行時間(予定)8時間20分 、機種 Boeing 777-200

JALのWebページ(https://www.jal.co.jp/aircraft/conf/772.html)より引用

インド派遣レポート8


ムニ・インターナショナル・スクールへこのスクールバスで移動。


道が悪い! そんなことよりドア閉めないの?


他の学校に比べかなり狭い。


外を見ればあまり裕福でない町の光景が。


それでも生徒はみんないい顔してます。


日本語の授業。  例えば  これはなんですか?   これですか?の文脈の  これですか?の説明に苦戦する撮影者でした。(ー ー;)


ラストパフォーマンスが終了! やり切りました。


校長先生と。事情があり撮影者は入っていません。 いや、アンケート取ってたら一人置いていかれたとかそんなバカなことしませんよ!(白目)


お土産も大量に頂きました。いいマンゴーだけあって飛行機に積めないのが勿体無いです。食べきれないし…。

本日は2名体調不良によりダウンした為18名で行動しました。疲れがかなりピークにきている人が多いようです。気温はそこまで高く無くて(とは言っても暑いが)過ごしやすいです。あと一日で帰国(日本時間では明後日に着きますが。)です。かなり日本食が食べたいです。

☆編注心配だったのでメールで様子を確認しました。『体調不良の2人は夜には私の部屋に来る始末でした。まあ、治って何よりです。』との返事が届いています。一安心。

 
夜のワークショップの様子。本日まとめは以上です。

※おっと、昨晩さらに新しい情報が届きました。

ラスト インディア ナイト


会場様子


…寿司…だと?Σ(゚д゚lll)


そしてこのアンバランスな取り方である。食事は腹に入りゃあみんな一緒よ!
…でもこれはセンスなさ過ぎ…
炭水化物のオンパレードやん…


そして九里の方が本日誕生日ということで誕生日ケーキ!その重さなんと5Kg!一人はおろか九里では食べきれないとのことなのでおこぼれにあずかりました。


スイーツパ。糖尿病予備軍一直線なり。そしてインドのスイーツは甘過ぎるのを忘れていたためにかえって速攻味噌汁をすすった撮影者でした…
バカなやつだぜ、まったく。}´д` ;
(☝︎皆さんの心の声の予想…)


ワークショップ夕食後の部
明日に向けプレゼンを作るメンバーです。

本日の活動は以上です。皆さん疲労がヤバイです。保護者の方は帰国したらカレーだけは勘弁して下さい。ほんまにお願いします。本気です。先刻も書いたように体調不良者が出てきています。撮影者にいたっては死にかけていますが、成田まで情報を送り続けるつもりです。では。
ーご静聴(視聴?閲覧?)ありがとうございましたー

第8日目の予定

ODAサイト訪問/JOCVの活動視察・交流 ※1
(日本語教育)Muni International School
09:00-
歓迎会
授業参加(日本語)JOCV活動視察
ティーブレーク
授業参加
11:40
昼食交流
ワークショップ 折り紙、書道など
14:00閉会

16:00-18:00ワークショップ1 ※2
・プログラムの振り返り

目的

※1 青年海外協力隊の活動現場を訪問し、ODA理解をより増進させる。
※2 プログラム参加により得た体験や知識をまとめ、それらの帰国後の活用を話し合う。

資料

MUNI INTERNATIONAL SCHOOL


http://www.muniinternationalschool.org/
創立年:2002年 学生数:約700名 学年:幼稚園クラスから12年生まで

インド派遣レポート7

朝 ロディ・ガーデンより


門前にて


ガーデン内。これはロディ王朝のお墓らしい。


集合写真

  
手前でヨガをする人/早速体験!/大手をあげて腹から笑う。こりゃ長生きするやろな


日本人は体硬いな!

  
園内にいたカラス。なかなか人慣れしてる。/リスの写真。インドでは野生のやつをかなり目撃する。/なんと帰路で子連れ猿を発見!良いタイミングでした。

虫が異様に多かった。虫嫌いにはかなりこたえる。本日の天気は曇り(現時点)蒸し暑くなる予感。


ヒンドゥー教寺院
カメラ禁止のため外見のみ。靴を脱がなくてはならない。中にはインドの神々の像が置かれていた。


階段井戸の様子
とても深く階段は103段も有る。雨季の最大貯水量はなんとこの階段の一番上まで溜まるそう。一番下はコウモリが住み着き、虫も大量にいるため入るのはよろしくないとのこと。


シーク教寺院
髪の毛を出していてはいけないため石高生は黄色い布を被っている。ここも裸足だがとにかく熱い。撮影者は左足を火傷しました…。また、神のお供え物のお下がりを受けることで自らも髪の加護を受けることができるとのこと。ついでにお下がりはかなり美味い。

 
昼食会場までの道中の様子。左:これは大統領官邸、右:国会議事堂


FUJIYAレストラン JAPANESE & CHINESE FOOD
昼食は中華…って日本食も有るなら日本食にしてくれよ。


餃子に歓声が上がった。みんな腹がヤバイのだろうか?(撮影者はかなりきてます。イカリカリ梅サイコー!)


そして鍋。これなら変に日本食を食うよりもいいかも。

とにかく日差しがキツイです。熱いです。
水分こまめに取りながら頑張っていきます。

7日目の予定

伝統文化施設訪問(デリー市内)
・バングラサーヒブ寺院(シーク教)
・ラクシュミーナーラーヤン寺院(ヒンドゥー教)
・ローディ庭園
・ディリハート

ワークショップ準備

デリー市内ホテル泊

目的

代表的な歴史、伝統文化施設を見学し、インドの文化、伝統産業等への理解を深め、同国への理解を増進させる。

インド派遣レポート6

デリーメトロより
バスに入るときは雨でした。 のちに晴れました。暑いです。


デリーメトロのスマートカード。日本で言うところのICOCAみたいな物らしい。


メトロの駅。かなりの大きさ。何より空港のようなレベルの警備


ホームの様子。かなり整っている。バリアフリーも考えているらしいがそれは駅だけの話。つまり駅までの道中などは整えられてない等問題もまだ多い。


電車の様子。 窓の横の数字は何両編成か示しているらしい。


警備の人。機関銃とか怖過ぎるわ。


そして警備の人が入る箱。通るたび銃口を向けられるとのこと。


駅を降りたところ。4つ駅をまたいだだけで別世界の様な景色。オールドデリーのど真ん中です。


デリーメトロミュージアム 鉄道。大好き。イイね。-_-b


シールドマシンの模型   かっけえ。


世界の地下鉄のマーク。なんと撮影者の地元のUラインのマークを発見!上から5列目左から3番目。気になる人はWebをチェック!(^_-)☞


このコインはメトロの切符。トークンと言うらしい。メトロ編は以上です。

気温およそ35度蒸し暑くて大変です。

 
下水処理場です


この層で有機物を微生物により分解して


川へながされます。下水処理場の目的はデリー市内を流れるヤムナ川の浄化です。


全体図模型
右奥のタンクみたいな所からバイオガスを作り、それを発電に利用します。なんでもこの電気で施設の半分の電気をまかなっているだとか。


水質ビフォー・アフター。下水処理場編 以上です

第6日目の予定

10:00-12:00 ODAサイト訪問
・デリーメトロ体験試乗
・ODA紹介展示スペース視察
・オールドデリーを含む周辺見学

14:00-15:00 ODAサイト訪問
・オクラ下水処理場施設見学

デリー市内ホテル泊

目的

日本の技術支援の現場(技術協力プロジェクト)を訪問し、ODAを通じた日本の位置づけ(先進国としての日本の役割、国際協力を通じた日本と相手国の関係等)を理解する。

資料

■JICA ODAが見える。わかる。Webページ

デリー高速輸送システム建設事業

http://www.jica.go.jp/oda/project/ID-P121/index.html

ヤムナ川流域諸都市下水等整備事業


http://www.jica.go.jp/oda/project/ID-P84/index.html

■デリーメトロ鉄道


http://www.delhimetrorail.com/

インド派遣レポート5


タゴール・インターナショナル・スクール


現地校生徒と


歓迎会の様子 目ェまわらんの?

 
九里学園(くのりがくえん)のパフォーマンス すげえ。敵わねえ。

 
数学授業

 
 図書館

  
地理教室 3番目の写真はなんと立体の地図です!

  
屋上は遊具と思いきや物理の実験道具だった。


階段細くね?


美術室


凧…だと?


授業風景2
このクラスには2名いたがどちらも共に成績優秀のエリートだそう。
どんだけの努力をすればその域に到達するのか?


このボードは視覚障害を持つ子供が計算をするのに使う物


こちらは点字を作る物


送迎の歌 皆さん日本語上手いです!


心優しき九里学園の方々と ありがとう九里!


ガンジー博物館へ 中は撮れないので外見だけ


いやーガンジーはものすごく心の広いお方だったようだ


本日の晩飯    中華! 胃に優しい!

 
道中小ネタ集 左:野良牛、右:タクシーの前輪は右側のみで支えられていた。

本日も暑過ぎることも無く割と快適でした
ただし少しずつ疲労が溜まってきてます。
明日は学校訪問が無いので少しゆっくりできるかもです。以上です。

第5日目の予定

学校訪問2 Tagore International School 九里学園高校と合同※1
・09:15 燈火式(歓迎式典) インドの伝統的式典
・09:30 歓迎会
・09:45 キャンパスツアー 日本語クラス生徒が案内
・授業参観 スポーツ、音楽、英語、ダンス、数学など。グループに分かれる。
・11:00 昼食
・11:45 文化交流会
・13:20 日本語クラス参加(意見交換)
・14:00 閉会


http://www.tagoreint.com/vv/V2.0/
1964年に、Dr.H.SenとMr.Jitender Senにより創立(East Kailash校)、その後1972年にVasant Viharに姉妹校が開設(訪問はVasant Vihar校)。環境に優しい学校を目指し、ゴミの分別やビニール袋の拒否などを学校だけではなく地域に人にも呼び掛けて実践している。国際文化交流にも力を入れ、伝統舞踊や音楽のワークショップを中国で実施した経験を持つ。

15:00-16:00文化・歴史学習 ※2
国立ガンジー博物館 


http://gandhimuseum.org/

デリー市内ホテル泊

目的

※1 インドの同世代の青少年と、両国の経済・産業・歴史・文化などについて相互にプレゼンテーションを行い、また意見交換や交流を行い、相互理解を深めるとともに友情を育む。

※2 代表的な歴史、伝統文化施設を見学し、インドの文化、伝統産業への理解を深め、同国への理解を増進させる。

インド派遣レポート4

インドからネット報告!

 玄関前にて


歓迎会のしおり 紙もすいて作られたそう

   生徒の様子

  
美術の授業  左・中:花びら、右:小石で描いています

 
日本語教室にて

現地校生徒と

本日の昼飯 完食!


それ程暑すぎるわけでも無く予想よりかなり快適です。 本日の天気は晴れ12〜16時現在
午後は大型ショッピングモールにて買い物しました。デリシャスというクッキーが人気のもよう。

団長 
今夜の夕食の店です。ホテルから歩いて10分程でした。

 夕食……すごく…でかいです…。

 やべえ…もう無理_| ̄|○


スポンジにチョコレートの数十倍甘くしたような甘々シロップを染み込ませたような…
歯ァ溶けるわ!
しかし広報担当としては食わなければ…

第4日目の予定

学校訪問1 St.Mary’s School ※1
・08:30燈火式(歓迎式典)インドの伝統的式典
・08:50歓迎会
・09:00交流会(日本の歌、インド文化紹介、日本文化紹介)
・09:50国紹介(プレゼンテーション)25分
・10:40キャンパスツアー
・11:00昼食交流
・11:30授業参観1(日本語クラス)
・12:10授業参観2(美術、音楽、体育)
・12:50意見交換会(日本語クラス生徒)
・13:30閉会
時刻はすべてインド標準時ISTです。


http://www.stmarysdelhi.org/
インド南部のケフラ州出身のSara Mathewにより1966年に設立の私立学校。男女共学の小中高一貫校。

14:30-16:30産業施設視察 Select City Walk ※2

デリー市内ホテル泊

目的

※1 インドの同世代の青少年と、両国の経済・産学・歴史・文 化などについて相互にプレゼンテーションを行い、また意見交換や交流を行い、相互理解を深めるとともに友情を育む。

※2 近年のインドの発展を実感すべく、商業施設の視察を行い、より深いインド社会・経済や産業の理解を求め、また、在インド日本企業の活動の理解の一助とする。

インド派遣レポート3

団長(教頭)より「インドにて最初の朝を迎えました。みんな元気にインド初日の日程に臨みます」と学校に報告が入りました。

※インド派遣団がインドからインターネット経由で「インド便り」を届けてくれます。おそらく、一日の活動が終わってホテルに戻って来た時点でメール送信してくれるものと思われます。日本との時差は3時間半(日本の方が進んでいる)、以下の予定はインド時間で記載しています。新しい情報が届きましたらこのWebに掲載しますので、お楽しみに!

 
左「道中のお寺」/右「日本大使館」


「『ポテト』 の声と共に置かれた ポテト」


「驚きの甘さ    練乳混ぜたようなあじのアイスに砂糖水を食ってるような揚げドーナツ」
編注:インドスィーツは激甘で有名だそうです。この世にこんな甘いものがあるのか!というほど。


「酸っぱい感じです」

 
「美味い 昼食のカレー」

 

「フマユーン廟はデリーにある、ムガル帝国の第2代皇帝フマーユーンの墓廟。インドにおけるイスラーム建築の精華のひとつと評され、その建築スタイルはタージ・マハルにも影響を与えたといわれる。」

  
「クトゥーブ・ミナール  1200年ごろに奴隷王朝の建国者であるクトゥブッディーン・アイバクによって、クワットゥル・イスラーム・モスクに付属して建てられた。ヒンドゥー様式とイスラーム様式が混在した様式となっている。おそらくヒンドゥー教・ジャイナ教の寺院などを破壊し、その石材を転用して制作されたものであり、建築に携わった職人もヒンドゥー教徒であったと推測されている。」

■まとめ
本日はフマユーン廟とクトゥーブ・ミナールの二つの遺跡を訪れた。
両方共に古より残された素晴らしい技術(彫刻や建て方そのもの等)に素晴らしいなと思うほかなかった。
明日はついに学校訪問がある。クールジャパンの魅力を伝えられるよう頑張りたい。

第3日目の予定

09:30-11:00 日本国大使館表敬訪問 ※目的1
(日/インド関係のブリーフィング)
11:00-12:30 JICAブリーフィング ※目的1
(JICA事業・インドODA事業の概要)
午後〜夕方 デリー市内視察 ※目的2
(文化・歴史学習 インド門〜フマユーン廟〜クトゥブ・ミナール)
デリー市内ホテル泊

目的

※1インドの政治・経済・外交・歴史・文化等を知り、インド理解の一助とし、また、各国における日本の位置づけや評価を把握し、「日本の強み・魅力」を発信する準備へとつなげる。

※2代表的な歴史、伝統文化施設を見学し、インドの文化、伝統産業等への理解を深め、同国への理解を増進させる。また、インドの日常生活や社会情勢を視察し、インドの現状を実感することで理解を深める。

宿泊

THE PARK New Delhi


http://www.theparkhotels.com/new-delhi/new-delhi.html

資料

外務省インド情報

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/india/index.html

在インド日本国大使館


http://www.in.emb-japan.go.jp/index-j.html

ユネスコWeb

NHKによる紹介動画(英語)も公開されています。

地図


googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/@28.6454415,77.0907573,10z?hl=jaから引用

インド派遣レポート2


成田から「集合写真です」※編注:メール送信時刻から考えると成田空港かな。

団長(教頭)より「成田国際空港にて出国の手続きが終了し、全員元気に出発します」と学校に報告が入りました。


インド便り「レストラン光景   朝   東武ホテルにて」


インド便り「私達がのりました。」


インド便り「インド上空」

 
インド便り「空港内にて」


インド便り「道路の様子」


インド便り「ガンジス川より水を運ぶ人」


インド便り「白線?  そんなもんは飾りだ!」

 
インド便り「空の移動により皆さんクタクタでした。そして2度目の夕食です。
こ、これは…  やはり!」

第2日目の予定

成田NRT発12:30JST — JAL749 — 17:25ISTデリーDEL着
インディラ・ガンディー国際空港へ向け、飛行時間8時間半ほど!
ちなみに、日本(JST)とインド(IST)の時差は3時間30分 。日本の方が3時間30分進んでいます。したがって、日本時間の20:55ぐらいにインド到着ということになります。

ボーイング777-200

定刻に飛び立ったようです。