アーカイブ

土曜日, 10月 25th, 2014

京大・生物海洋実習2日目

京大瀬戸臨海事件所での実習2日目スタート
 

散策途中の漁港でイセエビ、地魚と対面
 

貝寺※で住職のお話を聞き。貝の標本に感動
 
※大信山本覚寺(貝寺) http://www.aikis.or.jp/~ja3cqq/

午前中、水族館見学の後、フィールドへ出て、磯の生物を観察したり採集したり。
みんな、子どもに帰ってしまったように、無心に楽しんでます!

 
円月島の裏側で記念撮影/タイドプールの周りで先生の説明を聞く
 
うっかりしていたら、おしりが濡れてしまうよ/やっぱり、海やねえ

午後、採集したものが何か調べて、発表会。

2日目の午後に予定していた「ウニの発生」の実習は、今の時期に産卵するウニが入手できず変更。
「昼と夜のプランクトン観察」と「ウニの解剖」になりました。感激的な発生の様子が見られなくて残念でしたが、プランクトン・解剖もなかなかのものでしたよ。

 
慣れない実体顕微鏡で「どんなプランクトンがいるかな?」/「何だこれは、エイリアンか!」(実はイセエビの子どもだよ。)

 

ムラサキウニを解剖します。/顕微鏡下で悪戦苦闘/ウニの2枚おろし。おいしそう!



7:00 起床 周辺散策
7:30 朝食  
9:00 実習2 「朝の水族館」
10:30 実習3 「潮間帯の生物観察(フィールドワーク)」
13:00 昼食  
14:00 実習4 「潮間帯の生物観察(採集生物の観察・同定)」
16:00 実習5 「発生(顕微鏡観察)VOL.1」
18:00 夕食 夕食・入浴
19:00 実習6 「発生(顕微鏡観察)VOL.2」
21:00 講義2 「海の動物の多様性」
23:00 就寝