滋賀大学との「現代社会」の授業研究

滋賀大学大学院社会科教育研究室との授業の共同研究をはじめました。

研究の名称:「現代社会」における持続可能教育(ESD)教材開発と授業研究
研究代表者:岸本 実(滋賀大学教授)
研究目的:新学習指導要領で追加された「持続可能な社会の形成に参画するという観点から課題を探究する活動」について授業プランの開発と授業研究を通して具体化する。
授業テーマ:環境保全と持続可能な社会の形成
実施時期:12月9~18日
テーマ時数:3時間
授業クラス:1年1、3、7組
授業者:滋賀大学大学院教育学研究科大学院生

 

002_ニュース, 410_石高アカデミック, _2013年度