田村先輩からのメッセージ

読売テレビ・日本テレビ系全国ネットでも放送された漫画「べるぜバブ」の作者田村隆平さんは、石山高校の卒業生。この作品に登場する学園も全国最凶ヤンキー率120%の「石矢魔高校」!!という“おちゃめな”設定で、とても“おもしろい”人気作品です。


↑読売TVのWeb http://www.ytv.co.jp/beelze/index.htmlより
このページにストーリー等紹介されています。

その田村先輩から石山高校の皆さんへ、色紙とメッセージをいただきました。
本日の終業式で副校長が全校生徒に披露。
色紙は以下に掲載しますが、実物は事務室前の展示棚で公開しています。

田村先輩ありがとうございました。

田村隆平さんからのメッセージ

僕が石山高校に通っていたのはもう15年以上前になりますが、当時から自由な校風は石山高校の最大の魅力でした。
今ではあり得ないのでしょうが、入学したての頃見た全校集会。校長先生がマイクを持って校歌を歌うという光景にまず度胆をぬかれました。とんでもない所に来たなという思いと(笑)それ以上にこれから始まるここでの充実した3年間を予感させるわくわくしたものでした。
ですが当然自由な校風というのは何をしてもいいというわけではありません。礼節を欠いたり、勉学を疎かにしていいということでもありません。
自由とは自分の舵を自分でとること。言い換えれば責任をもった行動をとるという事だと思います。当然間違えば自分に返ってきます。痛い思いもします。そして次は失敗しないようにと頑張ります。
そうやって失敗を繰り返し人は成長するといいますが、石山高校もまさにそうやって自主性を育ててくれる懐の深い高校だと思います。
皆さんもどうか失敗を恐れず興味を持った全てのことに挑戦してみてください。それが僕の思う石山魂です。

田村隆平

700_ようこそ先輩!, _2014年度