音楽科Q&A生徒の声

R・N(1年生 声楽) この環境は恵まれています・・・

石山高校の受験を決めたのは中2でした。音楽の勉強をしてもっと声楽がうまくなりたいという気持ちが強かったので、授業としてレッスンやソルフェージュを受けられることに惹かれました。入学してからの高校生活は思っていた以上に勉強と練習の両立に苦労しました。それでも毎日好きなことができて、やるべきことがたくさんある生活はとても充実しています。この環境は恵まれています。もっと練習して上達できるようにがんばりたいです。

N・K(1年生 ピアノ) すばらしい講師の先生方に教えていただく・・・

私は中学の時、吹奏楽部でアルトサックスを吹いていました。自分の楽器を持っていて学校外でも先生に習っていたので、どちらの楽器を専攻にするかとても迷っていました。そんな時、石山高校の音楽科には「第2副科」という制度があることを知りました。「第2副科」を授業として選択すれば、専攻の楽器とは別に、すばらしい講師の先生方に教えていただくことができます。私は、幅広い視点から音楽を学び楽しめるという部分が石山高校の大きな魅力だと思います。

K・N(2年生 ピアノ) 多様な生徒のニーズに応えられるようなカリキュラム・・・

私の目標は中学校の音楽の先生になることです。その目標に向けて教育学部に入学するため、専門科目と一般科目のどちらも日々頑張っています。石山高校音楽科は多様な生徒のニーズに応えられるようなカリキュラムになっています。また、多くの先生方がサポートしてくださっています。さらに、年2回ある実技試験の緊張感を経験することで、大学受験に向けて大きな心の成長となり、何事にも落ち着いて取り組むことができるようになります。音楽の専門科目と一般科目をしっかり学びたい私にとって、とても恵まれた環境です。音楽科には響きのよいホールがあり、レッスン室も充実しています。音楽が大好きな仲間が集まっているので、普段の会話も音楽が身近に感じられ、とても明るく楽しいです。ぜひ私たちと一緒に楽しく学びましょう。

M・K(2年生 声楽) 入学前から声楽を習っていた人ばかりではありません・・・

私は小学校の頃から合唱団に入っていました。それがきっかけとなり音楽科に入学し、声楽を勉強することになりました。はじめは一人で歌うことが本当に苦手で、この先大丈夫なのかと不安になりました。しかし、熱心に指導してくださる先生や伴奏してくれる友人と一緒に音楽を作っていく中で、今では、日々音楽の魅力を感じています。声楽専攻生だからといって、入学前から声楽を習っていた人ばかりではありません。一緒にスタートを切って3年間高め合える仲間がいるのは心強いし、音楽科のすばらしいところだと思います。音楽科に入学して本当によかったと思っています。そしてもっと多くの人に音楽科の素晴らしさ、人と一緒に音楽を作ることの楽しさを知ってほしいと思います。

C・H(2年生 トランペット) 集中してレッスンや練習ができます・・・

私は中学校で吹奏楽部に入部し、トランペットを始めたのがきっかけで、音楽が好きになりました。そして、音楽をもっと学びたいと思い、石山高校の受験を決めました。音楽科では私と同じように音楽を志している友達がたくさんいるので、毎日刺激を受けています。週に1回個人レッスンがあり、先生が熱心に指導してくださいます。そのほかにソルフェージュや合奏、また、合唱などの専門科目の授業があり、幅広く音楽を学べます。さらに、施設が整っているので、集中してレッスンや練習ができます。音楽が好きなみなさん、一緒に音楽を学びましょう。

M・K(3年生 ピアノ) 人一倍メンタル面が弱い私は・・・

私は入学時に先生がおっしゃっていた「その日にやることは必ずその日にしなくてはならない」という言葉をできるだけ守って毎日がんばっています。日によっては夜中まで練習することもありますが、人一倍メンタル面が弱い私は、実技試験やコンクールで思い通りの演奏ができず、悔し涙を流したことが何度もあり、まだまだ努力が足りなかったと実感しました。そんな私をピアノの先生はあたたかく励まし、ピアノを学ぶことに対する姿勢について一生懸命教えてくださいました。人前でも「いつもの自分」で演奏することの大切さをはじめ、重奏や他の楽器、また、声楽の伴奏をする機会も得られ、アンサンブルの楽しさや難しさも学ぶことができました。その他にも、担任の先生をはじめ、音楽科の先生方は日々の学習や進路について親身になってくださいます。専攻はそれぞれ違うけれども、音楽という同じ志を持ったクラスの人たちは良きライバルであり、心の支えになっています。卒業まであと半年あまりとなりましたが悔いの残らないようにがんばろうと思います。

S・N(3年生 声楽) ライバルだという意識が強かったクラスメイトは・・・ 

この学校に入学したばかりの時は、同級生は友達であると同時にライバルであるということや、また、レッスンについていけるかということに不安を感じていました。しかし、実技のレッスンや専門科目の授業を受けるうちに、声楽の面白さがわかり、練習量も自然に増え、楽しくレッスンが受けられるようになりました。また、ライバルだという意識が強かったクラスメイトは、つらいときに励ましてくれる強い味方だということに気づくこともできました。クラスのみんなが目標に向かって努力していることに励まされ、毎日の練習もがんばることができました。音楽科に入るということは、将来を半分以上決めるということです。しかし、音楽科だからこそできる体験があり、普通科にはない魅力がここにはあります。日々大変なことも多いですが、この学校で音楽を学び、さらに音楽の楽しさを知ってくれる人が増えればと思います。

S・H(3年生 バイオリン) 公開レッスンも充実しており・・・

石山高校の音楽科はレッスンや専門科目が充実しているだけでなく、勉強は普通科の先生が見てくださるので、とてもしっかりしています。予習復習と練習の両立は大変ですが、大学受験の時にそれまでの積み重ねが役に立つと思います。音楽に関する学校生活についてですが、練習をする環境も整っており、私も、朝、昼、放課後と練習が出来て、それが日課になっています。実技テストは切磋琢磨する良い機会で、同級生と良い意味で競争しながら頑張ることが出来ます。また、公開レッスンも充実しており、コンクール前はホールを使って練習できるなど、設備も充実しています。音楽以外の学校生活ですが、音楽科は3年間クラスが一緒ということもあり、目指す所が同じ仲間がいてとても心強いですし、学園祭も将来の夢が同じ仲間達と一致団結するので、絆も深まります。高校生活もエンジョイでき、専門科目と勉強ともに頑張れる環境が整っているので、とても充実した3年間を送ることが出来ます。私は、石山高校の音楽科に入って本当に良かったと思います。

M・S(神戸女学院大学2回生 ピアノ) 心が震えるような感動と幸せを感じました・・・

先日、久しぶりにクラスメイトに再会しました。場所は小さな練習室。おしゃべりもそこそこに、楽器の準備に取りかかります。目と目が合って、始まる音。私たちは、共に演奏会のための曲を奏でました。二人の息が重なって感じたのは、懐かしさとお互いの成長。卒業から一年半という時間を飛び越えて、共に培った三年間の先で音楽を奏でられることに、心が震えるような感動と幸せを感じました。音楽科では3年間クラスが変わることはありません。様々な行事、何気ない日常生活、そして音楽を学ぶ中で築かれる絆は何にも代え難い宝物です。最初は相手に合わせるのが精いっぱいだった私たちは、音と音とで心が通じ合える仲間に成長しました。石山高校音楽科に興味を持たれているみなさん、ここでは様々な出会いがあります。楽しいことも苦しいこともあるでしょう。それを仲間と走り抜け、はじめて気づける喜びがあります。みなさんがすばらしい高校生活を送れることを願っています。

M・Y(東京芸術大学1回生 声楽) 私だけでなく他の仲間も確実に一歩夢に近づけた・・・

石山高校音楽科は3年間クラス替えがありません。仲間との絆は深まり、友達は一生の大切な宝物となります。音楽科は一人一人未来に向かって成長する姿がよくわかり、たくさんの刺激をもらえるところです。同じ専攻生であったり、同じ門下生であったりするとライバル心をもったりします。前期と後期にそれぞれ一回ずつ行われる実技試験で結果が出ると複雑な気持ちになることもありました。今思うとそれは非常に良いことだと思います。誰かと張り合うことで成長し、自分の力がどれくらいなのかわかるようになります。私は、普段みんなと仲良く楽しく過ごしていましたが、試験やコンクールの前になるとスイッチが入り、毎日朝昼夕と学校で練習していました。私の高校3年間は「努力」で終わりました。そう言うとこの文章を読んでいる人は「いやだな-、つらそう」などと思われるかもしれません。つらいことももちろん沢山あります。しかし、高校生にしかできない楽しいことがそれ以上に沢山待っています。特に、文化祭、体育祭は他の学校に負けないくらい盛り上がります。音楽科は他の団より団結力が非常に強いです。ここ数年連勝しています。最後にみなさんにお伝えしたいことがあります。私の高校三年間はたいへん充実していました。音楽と真剣に向き合い努力し続け、東京芸術大学に現役合格できました。私は努力すれば報われると信じています。石山高校音楽科を希望される皆さん、私はこの高校に来て大きく変わることができました。私だけでなく他の仲間も確実に一歩夢に近づけたのではないかと思います。まだまだ将来の目標までは遠いですが、みなさんには是非石山高校音楽科で充実した毎日を送ってほしいと思います。

Y・F(大阪教育大学1回生 教員志望) 仲間と音楽をつくりあげることができる・・・

石山高校音楽科という音楽に囲まれた環境で過ごす3年間は、想像以上に充実していて、一生の思い出となっています。学園祭では、1年から3年まで音楽科全体で1チームとして行うブロック演技は達成感があり楽しいです。定期演奏会では、私は伴奏者に選ばれ、その経験は今も自分の自信につながっています。また、ピアノ科と声楽科全員による合唱も貴重な経験になります。そういった楽しい行事がたくさんあります。私は何より真剣に音楽に取り組む多くの仲間に出会い、その仲間と音楽をつくりあげることができることが音楽科に進んでもっとも良かったと感じることです。石山高校は、普通科の先生も含め、どの先生も頑張る人を全力でサポートしてくださいます。練習環境も整っているので自分の頑張り次第でどこまでも成長できます。高校で真剣に音楽と向き合いたい、音楽大好きでもっと自分の音楽を追究したい、そんな人にオススメの学校です。