台風襲来時の心得

1.臨時休業となる警報について

  1. 暴風を含む警報](例:暴風警報など)が滋賀県内(一部の区域を含む)に発令されたときには臨時休業となります。
  2.   [大雨、暴風を含む特別警報](例:大雨特別警報など)が滋賀県内(一部の区域を含む)に発令されたときには1と同じ扱いになります。
  3. [大雨]「洪水][大雪]などの警報では臨時休業になりません。ただし、これらの警報の発令時でも、登校が困難な状態になった場合は、学校へ連絡して下さい。(例:交通が途絶した、道路が通れなくなった、自宅が被害を受けた等の場合)

2.暴風警報発令時の措置について

  • 始業時刻の繰り下げおよび自宅待機
    午前7時に警報が滋賀県内(一部の区域を含む)に発令中の場合は自宅待機とします。
    この場合は警報が解除され次第登校すること。
  • 臨時休業
    午前10時になっても警報が発令中の場合は臨時休業とします。
  • 定期考査期間中の場合
    臨時休業となった日が、定期考査日の場合は、考査最終日の翌日に、実施できなかった科目の考査を行います。宿題考査等も原則としてこれに準じます。

3.TV等での休業措置の報道について

  • 滋賀県の休業措置についての報道
    ・NHKでは報道されません。
    ・びわ湖放送で放送される場合があります。
    ・[滋賀県の公立学校は休業]の報道がされた場合は本校も休業となります。
  • 休業措置の報道がされない場合でも、暴風警報が出ている場合は上記2にしたがって下さい。
1996(H8)年2月7一部訂正 生徒手帳P.56-57より引用
2013(H25)年10月8日一部改訂