ご挨拶

滋賀県立石山高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本校は昭和38年4月に5クラスの全日制普通科高校として開設され、その後、昭和43年4月には、県下唯一の特色ある音楽科1クラスが併設されました。現在は、普通科9クラス、音楽科1クラスの県下有数の大規模校となっています。

本校が建つ大津市国分の地は、東南に紫式部ゆかりの石山寺、西南に松尾芭蕉ゆかりの幻住庵があり、いずれへも徒歩20分以内という景勝の地であって、古来多くの文人墨客が渉猟した所といわれております。

本校は、こうした恵まれた教育環境の中で、『生徒の持つ能力を引き出し、伸ばし、可能性を広げる学校』として、『高きを仰ぎ、自らの志を立て(夢を持ち)、その実現に邁進する生徒』を育てるために、(1)学習指導の充実、(2)希望進路の実現、(3)人間力の向上、(4)音楽科の活性化を4つの柱とした教育活動を積極的に推進しています。

生徒たちが、自らの夢を叶え、将来、心豊かで充実した幸せな人生を歩んで行けるよう、私たち石山高校の教職員は一丸となって努めて参ります。これからも、本校教育活動に対しまして、ご理解とご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

滋賀県立石山高等学校長 第23代校長 田中 孝昌

ご挨拶

滋賀県立石山高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本校は昭和38年4月に5クラスの全日制普通科高校として開設され、その後、昭和43年4月には、県下唯一の特色ある音楽科1クラスが併設されました。現在は、普通科9クラス、音楽科1クラスの県下有数の大規模校となっています。

本校が建つ大津市国分の地は、東南に紫式部ゆかりの石山寺、西南に松尾芭蕉ゆかりの幻住庵があり、いずれへも徒歩20分以内という景勝の地であって、古来多くの文人墨客が渉猟した所といわれております。

本校は、こうした恵まれた教育環境の中で、『生徒の持つ能力を引き出し、伸ばし、可能性を広げる学校』として、『高きを仰ぎ、自らの志を立て(夢を持ち)、その実現に邁進する生徒』を育てるために、(1)学習指導の充実、(2)希望進路の実現、(3)人間力の向上、(4)音楽科の活性化を4つの柱とした教育活動を積極的に推進しています。

生徒たちが、自らの夢を叶え、将来、心豊かで充実した幸せな人生を歩んで行けるよう、私たち石山高校の教職員は一丸となって努めて参ります。これからも、本校教育活動に対しまして、ご理解とご支援・ご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

滋賀県立石山高等学校長 第23代校長 田中 孝昌

学校経営方針

  1. 教育目標
     高等学校普通教育ならびに音楽教育の目的に即応して、教育の内容を充実させ、品性高潔、明朗快活にして礼儀正しい校風の樹立に努め、国家社会の発展に貢献し得る健全有為な社会人を育成する。
    【音楽科】
    本校全体の教育目標に基づきながら、音楽の専門家として必要な基礎的能力の伸張を図るとともに、生涯にわたって音楽を愛好し、広く音楽文化の創造発展に寄与し得る人材を育成する。
  2. 教育方針 <-この生徒が、自分の子供であったら、自分の弟、妹であったら―>
    1. (1) めざす学校像
      - 生徒の持つ能力を引き出し、伸ばし、可能性を広げる学校 -
      1. 「自主自律」の精神と「高い志」を持った、人間性豊かな生徒を育成する学校
      2. 一人ひとりの希望進路を実現する学校
      3. 普通科・音楽科それぞれの特性にふさわしい魅力ある教育を展開する学校
    2. (2) めざす生徒像
      1. 高きを仰ぎ、自らの志を立て(夢を持ち)、その実現に邁進する生徒
      2. 主体性と社会性を身につけた人間性豊かな生徒
      3. 社会に貢献できる生徒
  3. 重点目標・主な取り組み
    1. (1) 学習指導の充実
      「わかる」授業を通して教科の魅力を発信し、学習意欲の向上に努める。
    2. (2) 希望進路の実現
      生徒一人ひとりの希望実現をめざし、きめ細かな進路指導に取り組む。
    3. (3) 人間力の向上
      規律ある学校生活をもとに、部活動・特別活動等の自主活動を通して健全な心身を育成する。
      ・誰に対しても、しっかりと挨拶ができる人を育てる。
      ・自立した一人の人間として、困難を乗り越え、たくましく生きていくための力を育成する。
    4. (4) 音楽科の活性化
      音楽科ならではの教育活動を広く発信するとともに、「魅力ある教育活動」を展開していく。
    5. (5) 全職員の自発的研修を進め、共通理解と一致協力の体制をつくる。
      ・授業の改善と充実
      ・生徒に、深く、しっかりと関わる指導の充実(温かく、そして、厳しく)

沿革

1961(昭36)9/25
高校増設促進大津市委員会を結成
大津市へ県立高校新設を要求し、市PTA連合会、市校長会、市教組、高教組が、高校増設促進大津市委員会を結成
1962(昭37)12/7
県教育委員会が、大津市への普通科高校新設と翌4月開校の方針を決定
1963(昭38)1/23
学校名を滋賀県立石山高等学校、建設地を石山地区に決定
1963(昭38)3
建設敷地を、畑ヶ山台地に決定
1963(昭38)4/1
仮校舎 開校

滋賀県立石山高等学校設置(滋教委規則2号)滋賀大学学芸部旧校舎(大津市膳所西ノ庄町)を仮校舎として開校
全日制普通科募集定員275名(5学級)
初代校長 平尾 新三郎 着任

1963(昭38)4/8
第1回入学式挙行

入学許可予定者:男157、女114名、計271名
当分の間、大津市西の庄旧滋賀師範学校の校舎を借りて授業

1963(昭38)7/6
新校舎(大津市国分一丁目)起工式

仮校舎で開校式 以降7/6を開校記念日とする。

1964(昭39)3/5,3/6
第2回入試実施定員が2クラス分増加で385名となる。
1964(昭39)4/1
新校舎移転

大津市石山国分町畑ヶ山95番地1に校舎新築にともない移転
普通科学級増 募集定員 普通科385名(7学級)

1964(昭39)4/8
入学式を晴嵐小学校体育館で挙行
1964(昭39)5/15
本館工事完成
1965(昭40)
募集定員 普通科7学級
1966(昭41)3/1
第1回卒業証書授与式挙行 卒業生266名
1966(昭41)3/31
体育館及び本館増築工事完成
1967(昭42)9/9
プール竣工
1968(昭43)4/1
音楽科設置(滋教委規則5号)募集定員40名(1学級)
1969(昭44)4/8
音楽科特別教室完成
1973(昭48)3/14
図書館棟竣工
1974(昭49)4/1
普通科学級増 募集定員8学級
1975(昭50)3/31
音楽科棟竣工
1975(昭50)4/1
普通科学級減 募集定員7学級
1978(昭53)3/18
格技場竣工
1983(昭58)4/1
普通科学級増 募集定員8学級
1984(昭59)4/1
普通科学級減 募集定員7学級
1986(昭61)3/31
クラブボックス更衣室竣工
1986(昭61)4/1
普通科学級増 募集定員8学級
1989(平元)7/2
同窓会館(石高会館)竣工
1992(平4)3/10
プール竣工
1993(平5)1/13
湖声ホール竣工
1994(平6)2/27
旧小ホール改修 会議室・コンピュータ教室・選択教室完成
1999(平11)4/1
石舞会館 竣工
2013(平25)11/17
創立50周年記念式典挙行
2014(平26)4/1
普通科募集定員9学級
2016(平成28)2/25
耐震改修(普通科教室棟新築工事、管理棟他補修工事)竣工
2016(平28)6/15
PTAによる各教室等のエアコン設置完了
2020(令2)4/1
普通科募集定員8学級