インド派遣レポート3

団長(教頭)より「インドにて最初の朝を迎えました。みんな元気にインド初日の日程に臨みます」と学校に報告が入りました。

※インド派遣団がインドからインターネット経由で「インド便り」を届けてくれます。おそらく、一日の活動が終わってホテルに戻って来た時点でメール送信してくれるものと思われます。日本との時差は3時間半(日本の方が進んでいる)、以下の予定はインド時間で記載しています。新しい情報が届きましたらこのWebに掲載しますので、お楽しみに!

 
左「道中のお寺」/右「日本大使館」


「『ポテト』 の声と共に置かれた ポテト」


「驚きの甘さ    練乳混ぜたようなあじのアイスに砂糖水を食ってるような揚げドーナツ」
編注:インドスィーツは激甘で有名だそうです。この世にこんな甘いものがあるのか!というほど。


「酸っぱい感じです」

 
「美味い 昼食のカレー」

 

「フマユーン廟はデリーにある、ムガル帝国の第2代皇帝フマーユーンの墓廟。インドにおけるイスラーム建築の精華のひとつと評され、その建築スタイルはタージ・マハルにも影響を与えたといわれる。」

  
「クトゥーブ・ミナール  1200年ごろに奴隷王朝の建国者であるクトゥブッディーン・アイバクによって、クワットゥル・イスラーム・モスクに付属して建てられた。ヒンドゥー様式とイスラーム様式が混在した様式となっている。おそらくヒンドゥー教・ジャイナ教の寺院などを破壊し、その石材を転用して制作されたものであり、建築に携わった職人もヒンドゥー教徒であったと推測されている。」

■まとめ
本日はフマユーン廟とクトゥーブ・ミナールの二つの遺跡を訪れた。
両方共に古より残された素晴らしい技術(彫刻や建て方そのもの等)に素晴らしいなと思うほかなかった。
明日はついに学校訪問がある。クールジャパンの魅力を伝えられるよう頑張りたい。

第3日目の予定

09:30-11:00 日本国大使館表敬訪問 ※目的1
(日/インド関係のブリーフィング)
11:00-12:30 JICAブリーフィング ※目的1
(JICA事業・インドODA事業の概要)
午後〜夕方 デリー市内視察 ※目的2
(文化・歴史学習 インド門〜フマユーン廟〜クトゥブ・ミナール)
デリー市内ホテル泊

目的

※1インドの政治・経済・外交・歴史・文化等を知り、インド理解の一助とし、また、各国における日本の位置づけや評価を把握し、「日本の強み・魅力」を発信する準備へとつなげる。

※2代表的な歴史、伝統文化施設を見学し、インドの文化、伝統産業等への理解を深め、同国への理解を増進させる。また、インドの日常生活や社会情勢を視察し、インドの現状を実感することで理解を深める。

宿泊

THE PARK New Delhi


http://www.theparkhotels.com/new-delhi/new-delhi.html

資料

外務省インド情報

http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/india/index.html

在インド日本国大使館


http://www.in.emb-japan.go.jp/index-j.html

ユネスコWeb

NHKによる紹介動画(英語)も公開されています。

地図


googleマップhttps://www.google.co.jp/maps/@28.6454415,77.0907573,10z?hl=jaから引用

430_インド派遣, _2014年度