出停・罹患証明

感染症出席停止期間基準について

学校保健安全法施行規則の一部を改正する省令の施行により、感染症の出席停止期間の基準が改定されました。

インフルエンザ

  • 【改訂前】解熱したのち2日を経過するまで。
  • 【改訂後】発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで。

百日咳

  • 【改訂前】特有の咳が消失するまで。
  • 【改訂後】特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。

流行性耳下腺炎

  • 【改訂前】耳下腺の腫脹が消失するまで。
  • 【改訂後】耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、 全身状態が良好になるまで。

学校における感染症予防のため、医療機関において感染症の診断を受けた場合だけでなく、感染症にかかっている疑いがある、またはかかるおそれがある場合にも、早急に学校までお知らせください。

罹患証明書について

インフルエンザ等で出席停止となった場合、「インフルエンザ罹患による欠席報告書」を提出してください。

○インフルエンザ罹患による欠席の取り扱いについて以下の通り変更となりました。
従来:「忌引き・出停届」+「医師の診断書」 の提出
今後:「忌引き・出停届」+「インフルエンザ罹患による欠席報告書」(保護者による記入)

 ← ※クリックするとPDF形式でダウンロードできます。